家を売る方法~売却エリアの特徴を掴んだ販売方法を!

家の売却は何度も経験がある事ではなく、ほとんどの人が初めてとなるため、「どのように家を売るのが正解なのか」「失敗しないためにはどのように売却活動を行って行けばよいのか」がわかりませんよね?ここでは失敗しない為にどのような心構えで売却していけばよいのか【家を売る方法】について紹介していきたいと思います。

失敗せずに家を売る方法

失敗せずに家を売る方法として必ず押さえておきたいこととして3つ紹介します。

  • ①必ず複数の不動産会社に相談する
  • ②売却エリアの特徴を掴む調査をする
  • ③あなたの家を購入すると考えられるターゲットを明確にする

①必ず複数の不動産会社に相談する

まず、必ず複数の不動産会社に相談してみてください。通常、近所であったり、大手を含む知っている不動産会社に相談し現在の不動産市場の状況であったり、査定してもらったりして、売却を進めていきますが、成功の確率を上げるためには、この方法だけではベストではありません。

というのも、1社に相談しているだけですので、本当にその業者の言っていることが正しいのか?判断が付かないからです。宅建の資格をもつプロに説明されたりするので、プロの言っていることだしと信用してしまいがちですが、すべての不動産業者が同じように説明するかは聞いてみないとわかりませんよね?

業種は違いますが、テレビなどで専門家同士が意見を言い合ったりしますが、同じ意見ではなく、真逆の事を言ったりもしている光景を見たことがあると思います。

同じように、不動産売却においても、聞いた方の経験や知識によっては、意見が異なる事がありえます。

そのため、複数の不動産業者に相談して、自分の売却物件や、これまでの経験、どのように売却していくか、もちろん査定などもした上で、比較してみてください。

査定に関しても、実は複数社に査定してみると、査定額がバラバラである事がわかります。基本的には、レインズなどの実際に取引されたデーベースを参考に査定額を算出するので、比較的近い価格になると思いきや、数百万異なることもあります。

結果として、売却額が数百万異なることもあるので、十分に比較検討しないといけない事がわかると思います。

都心部であれば、不動産屋がすぐに見つかるので数社に相談に行くことは容易ですが、田舎の方になると、不動産会社をすぐに複数探せない場合もあります。

そんな場合に有効な方法として、不動産一括査定サイトの利用する方法をオススメします。オンラインで物件の情報を入力するだけで、そのエリアに対応する複数の不動産会社の査定を一括で行うことができます。

査定書が届くので比較しやすいはずでしょう。時間と手間がかからないのがメリットですね。

オススメの不動産一括査定サイト一覧

②売却エリアの特徴を掴む調査をする

次に売却エリアの特徴を掴むために、エリアの情報収集、調査をしてください。と言っても何からしていけばいいの?という感じですが、複数の不動産会社に相談する事である程度、自分の物件についてやエリアについての情報が入っているとは思います。しかしこれは、人から聞いた話しですので、本当に言っていたことが正しいのかについて、自分で調べた方が良いんです。

例えば、近隣のエリアで同等の物件はいくらで売り出されているのか?どのくらいライバルとなる物件があるのか?いつから売り出しているのか?価格は下がっていたりするのか?ライバルの物件にあって、自分の家に無いものはあるか?反対に自分の家にあるものは?等を調べたりすることで、どのような事で差別化して売っていけばいいのか?買主にアピールできるポイントは何なのか?をはっきりさせることでエリアの特徴を掴むことができます。

エリアの特徴は住んでいるからこそわかる部分も多く、自分が何故このエリアの家を購入したかを思い返すなど購入者の気持ちになって考えると、買主にどのようにアピールすれば良いのかなど、考えられる部分がでてくるはずです。

③あなたの家を購入すると考えられるターゲットを明確にする

②と重なる部分がありますが、買主の気持ちになって考える事が大事で、自分の家を購入したいと考える買主とは、どんな人なのか?

  • このエリアの学区を目当てに購入する人
  • 事業用の土地を探している人
  • 子供ができ広い部屋を探している人

など必ず、なんらかの理由があって購入を検討しているはずです。そのなかで、自分の家を購入しそうなターゲットはどんな人かを明確にしないと、売却は成功しません。

例えば、購入したいと考えているが、予算が無い方の場合、購入したいという意味ではターゲットとなるかもしれませんが、最低でも3500万円で売りたいと考えているのに、予算が2500万円と言う方は購入できないため、ターゲットになりませんよね?

3500万円で売りたいのであれば、3500万円でも買いたいと考えている層にあなたの家の情報を届けないと売れないという事になります。このターゲットが明確になっていないと、無駄に販促活動することになり、しかも時間が経っても売れない売れ残り物件になってしまいます。

そのため、ターゲットを明確にして、ターゲットに届くように販促活動をする事が重要!

まとめ

家を売る方法を紹介しましたが、最低限、上記の3つの方法が必ず頭に入れて売却活動をしてほしいと思います。他にも、すべきことはありますが、この3つを守った上での話しだと思います。

もう一度簡単に説明しておくと、複数の不動産会社に相談してプロの意見を聞き、査定をしてもらいます→査定結果と聞いた話しを比較して整理→自分で売却エリアの特徴を調べて差別化できるかを考える→ターゲットとなる購入層を考え、どのようにしたらターゲットに情報を届けられるかを考える

これさえできれば、少なくとも、何もしていない方より高く売れますし、早く売れるでしょう。

ここまで説明してきた内容が難しいと感じる人も中にはいると思いますが、何も一人でしましょうと言っている訳ではありません。当然、家を売る際には、不動産屋の力をかりて仲介してもらいますので、業者の担当営業マンにサポートしてもらいながらの売却になります。わからない事は相談できますし、アドバイスもくれると思いますので、安心してください。ただし、不動産会社の提案が、上記3つの方法を理解せずにしていると感じた場合は、その不動産会社と媒介契約を結ぶのは辞めた方が良いでしょう。売主の売却成功の為に動いてくれない可能性が高いからです。その際は早めに他の不動産会社に変更した方が良いでしょう。

①で複数の会社に相談と言ったのは、もしも信用できない業者にあたった際に、また一から探さずに済むメリットもあります。